AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル(AWS Certified Solutions Architect – Professional)の学習方法

小西秀和です。
この記事は「AWS認定全冠を維持し続ける理由と全取得までの学習方法・資格の難易度まとめ」で説明した学習方法を「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル(AWS Certified Solutions Architect – Professional)」に特化した形で紹介するものです。
重複する内容については省略していますので、併せて元記事も御覧ください。
また、現在投稿済の各AWS認定に特化した記事へのリンクを以下に掲載しましたので興味のあるAWS認定があれば読んでみてください。

ALL Networking Security Database Analytics ML Alexa
DevOps Developer SysOps SA Pro SA Associate Cloud Practitioner

「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」とは

「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル(AWS Certified Solutions Architect – Professional)」は一言で言えばAWSクラウドを活用したアーキテクチャ設計の高度な知識を検証する認定と言えるでしょう。
アーキテクトのラーニングパスではアソシエイトレベルの「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト(AWS Certified Solutions Architect – Associate)」の取得がオプションで推奨されています。
また、後述の『「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」の学習方法』で紹介している「試験ガイド」や「Exam Readiness」を確認していただければわかると思いますが、学習しておくべきAWSサービスは「アーキテクチャ設計」というカテゴリの性質上、非常に広範囲になります。
そして、多くのAWSサービスの特徴を理解した上で、さらに高度なアーキテクチャ設計を実施するためのソリューションやトラブルシューティングの知識が必要とされるため数あるAWS認定の中でも難易度の高い認定です。

「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」の学習方法

【関連カテゴリ】:「コンピューティング」「コンテナ」「ストレージ」「データベース」「セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス」「暗号化とPKI」「機械学習」「マネジメントとガバナンス」「デベロッパー用ツール」「移行と転送」「ネットワーキングとコンテンツ配信」「エンドユーザーコンピューティング」「分析」「アプリケーション統合」「ビジネスアプリケーション」「請求とコスト管理」など
【主要AWSサービス】:EC2、Batch、Elastic Beanstalk、Lambda、Serverless Application Model(SAM)、ECR、ECS、Fargate、Elastic Kubernetes Service(EKS)、S3、EFS、FSx for Windows File Server、Storage Gateway、Aurora、DynamoDB、ElastiCache、RDS、Redshift、IAM、Artifact、Cognito、Directory Service、Cloud Directory、Inspector、Secrets Manager、Shield、WAF、Single Sign-On(SSO)、Key Management Service(KMS)、Certificate Manager(ACM)、Comprehend、Lex、Rekognition、Translate、Transcribe、Application Auto Scaling、CloudFormation、CloudTrail、CloudWatch、Config、Control Tower、OpsWorks、Organizations、Service Catalog、Service Quotas、Systems Manager、Trusted Advisor、CodeCommit、CodeBuild、CodeDeploy、CodePipeline、CodeStar、X-Ray、Application Discovery Service、Application Migration Service、Database Migration Service(DMS)、DataSync、Migration Hub、Schema Conversion Tool(SCT)、Server Migration Service、Snowball、CloudEndure、API Gateway、CloudFront、Direct Connect、Elastic Load Balancing、Global Accelerator、Route 53、VPC、AppSync、WorkSpaces、AppStream 2.0、Athena、Data Pipeline、Elasticsearch Service(ES)、Elastic MapReduce(EMR)、Glue、Kinesis、QuickSight、SQS、Step Functions、Connect、WorkDocs、Cloud Development Kit(CDK)、Billing and Cost Management、Mechanical Turk、Disaster Recovery構成、クラウド移行戦略など

学習順 学習リソース 学習リソースの活用ポイント 費用(税別)
随時 AWSドキュメント AWSドキュメントのうち上記に挙げた【関連カテゴリ】および【主要AWSサービス】に関係するものを中心に読みます。ただし、量が膨大なため以降の順番の中で辞書的に使用して、最後に受験まで余裕があったら学習過程で気づいた重要部分やサービス間連携する機能から優先的に熟読するという使い方をしています。 無料
随時 AWS認定対策本 受験するAWS認定の対策本が出版されていれば、その本から学習していくことも効率的な方法だと思います。私の場合は受験当時に対策本があまり無かったため、使用する機会がありませんでした。 2,000円~4,000円程度
随時 検索エンジンでキーワード検索 後述の学習リソースでわからなかったキーワードや内容を随時、検索エンジンで検索して出てきたブログなどを参考にします。特に日本語だけではなく英語で検索することは日本語サイトにはまだ掲載が少ない情報を英語圏のサイトから得ることで理解を深めることができるためおすすめです。 無料
1 試験ガイド 試験ガイドで受験するAWS認定の試験範囲とどのような内容が出題されるかを把握します。 無料
2 サンプル問題 試験ガイドとセットで掲載されているサンプル問題を解いて、出題傾向を把握します。 無料
3 AWSトレーニングライブラリ(Exam Readiness) Exam Readinessは試験準備のための要点がまとめられているデジタルトレーニングです。該当するAWS認定に関連するAWSサービスや出題傾向をここで把握します。「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」にもExam Readinessはあるため受けてみることをおすすめします 無料
4 AWSサービス別資料 AWS Black Belt Online Seminarの資料が中心に掲載されており、重要ポイントが非常によくまとめられています上記に挙げた【関連カテゴリ】および【主要AWSサービス】に関係する資料内の知識は受験前に最低限インプットしておきます。 無料
5 AWS ナレッジセンター AWSのユーザーから最も頻繁に寄せられる質問と要望に対する回答がまとめられているため、AWS認定は勿論のこと実務でも非常に参考になります上記に挙げた【関連カテゴリ】および【主要AWSサービス】に関係するQ&Aの知識は受験前に最低限インプットしておきます。 無料
6 模擬試験 受験するAWS認定の出題傾向や重要点を確認できるため、試験直前の腕試しではなく可能な限り早い段階で受けることをおすすめします。受験する分野の既存知識があれば最初に受けても良いと思います。「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」の場合は4,000円ですが、以前にAWS認定に合格していれば模擬試験の無料バウチャーがあるはずです 2,000円
or
4,000円
7 AWSトレーニングライブラリ(IntroductionPrimer) 各サービス毎にIntroductionやPrimerといったデジタルトレーニングが用意されている場合があります。私は自分が詳しく知らないAWSサービスを検索して存在すれば受けるようにしていました。 無料
8 よくある質問 各サービス毎に用意されている「よくある質問」も一般的なQ&Aが記載されています。AWSナレッジセンターが実践的なQ&Aであるのに対して、基礎知識の整理と確認に有用です。上記に挙げた【関連カテゴリ】および【主要AWSサービス】に関係するQ&Aを中心に読んでいきます 無料
9 AWS Well-Architected AWSにはAWS Well-Architected Frameworkと呼ばれるAWSの長年の設計経験に基づいたベストプラクティス集があります。AWS Well-Architected Frameworkは実際のアーキテクチャ設計レビューなどでも活用される実践的なもので、年々進化するAWSサービスのアップデートに伴い、その内容も変わっていくためAWSの設計概念を知るには非常に有用です。プロフェッショナルレベルでは概要に加えて、AWS Well-Architected Frameworkの5つの柱(優れた運用効率、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コストの最適化)で説明されている内容もアーキテクチャを中心に読んでおいたほうが良いでしょう。 無料
10 AWS Blog日本語版 受験までの時間に余裕があれば、受験するAWS認定に関連するサービスの記事を中心に問題解決方法、アーキテクチャ、事例、認定が新設・改定される前にリリースされた機能追加について情報収集をします。AWS認定だけではなく業務でも有用なので定期的に読む習慣をつけると良いと思います。 無料
11 AWS Blog英語版(AWS Architecture Blog) 英語版は「アーキテクチャ」分野のカテゴリに特化した「AWS Architecture Blog」があるため、問題解決方法、アーキテクチャ、事例、認定が新設・改定される前にリリースされた機能追加の内容を中心に読んでおきます。 無料
12 AWS Events Content 過去のAWS Summitやre:Inventの資料などを検索して、受験するAWS認定に関連するサービスを学習します。特にre:InventのSessionで説明されている内容は参考になります。 無料

「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」の学習過程で重要だと思った点

ここからは私が「AWS 認定 ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」の学習過程でAWS認定のみならず実務的にも重要だと思った点をまとめてみます。
AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト(AWS Certified Solutions Architect – Associate)の学習方法
の記事と重複するものは記載していないこともあるため、併せてこれらの「学習過程で重要だと思った点」も参考にしてみてください。
ただし、重要だと思う点に個人差があること、この記事の執筆時に思い出せず書き忘れがある可能性もあることをご了承ください。

Amazon EC2

AWS Batch

AWS Elastic Beanstalk

AWS Lambda

AWS Serverless Application Model(AWS SAM)

Amazon ECR

Amazon ECS、AWS Fargate

Amazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)

Amazon S3

Amazon EFS

Amazon FSx for Windows File Server

AWS Storage Gateway

Amazon Aurora

Amazon DynamoDB

Amazon ElastiCache

Amazon RDS

Amazon Redshift

AWS IAM

AWS Artifact

Amazon Cognito

AWS Directory Service

Amazon Cloud Directory

Amazon Inspector

AWS Secrets Manager

AWS Shield

AWS WAF

AWS Single Sign-On(AWS SSO)

AWS Key Management Service(AWS KMS)

AWS Certificate Manager(AWS ACM)

Amazon Comprehend

Amazon Lex

Amazon Rekognition

Amazon Translate

Amazon Transcribe

Application Auto Scaling

AWS CloudFormation

AWS CloudTrail

Amazon CloudWatch

AWS Config

AWS Control Tower

AWS OpsWorks

AWS Organizations

AWS Service Catalog

AWS Service Quotas

AWS Systems Manager

AWS Trusted Advisor

AWS CodeCommit

AWS CodeBuild

AWS CodeDeploy

AWS CodePipeline

AWS CodeStar

AWS X-Ray

AWS Application Discovery Service

AWS Application Migration Service

AWS Database Migration Service(AWS DMS)

AWS DataSync

AWS Migration Hub

AWS Schema Conversion Tool(AWS SCT)

AWS Server Migration Service

AWS Snowball

CloudEndure

Amazon API Gateway

Amazon CloudFront

AWS Direct Connect

Elastic Load Balancing

AWS Global Accelerator

Amazon Route 53

Amazon VPC

AWS AppSync

Amazon WorkSpaces

Amazon AppStream 2.0

Amazon Athena

AWS Data Pipeline

Amazon Elasticsearch Service(Amazon ES)

Amazon Elastic MapReduce(Amazon EMR)

AWS Glue

Amazon Kinesis

Amazon QuickSight

Amazon SQS

AWS Step Functions

Amazon Connect

Amazon WorkDocs

AWS Cloud Development Kit(AWS CDK)

AWS Billing and Cost Management

Amazon Mechanical Turk

Others

小西秀和

執筆者小西秀和

ALL AWS Certifications Engineer(AWS認定全取得)の知識をベースに
AWSクラウドの活用に取り組んでいます。